坐骨神経痛!? あなたの足先に出るしびれはモートン病かもしれません。|八千代緑が丘のよこかわ整骨院

健康歩道 足裏の痛み 足底筋膜炎 踵骨棘 外反母趾 モートン病足先のしびれを訴える患者さんは多い。

医療機関で坐骨神経痛と診断されることが多いが、あなたの足先のしびれは、本当に坐骨神経痛ですか?

以下の引用を身て欲しい。あなたの症状が一致するようなら、モートン病の可能性があるかもしれません。

モートン病について

モートン病症状
個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状が出現します。前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。
また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。

 

原因
中腰の作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。槌趾変形(マレット指)がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。

 

病態
槌趾変形がある場合や中腰の作業、ハイヒールの常用などで趾の付け根の関節(MP関節:中足趾節関節)でつま先立ちをすることによって、足趾に行く神経が中足骨間を連結する靱帯(深横中足靱帯)のすぐ足底部を通過するため、この靱帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害です。
圧迫部の近位には仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成されます。中年以降の女性に多く発症します。

日本整形外科学会より引用

これだけしっかりと病態がわかっていても、坐骨神経痛と誤診されることがあります。

坐骨神経痛の治療をしていても、モートン病は改善しません。

あなたの足の指は、5本ともちゃんと曲がりますか?

モートン病の改善法

引用にもあるように、モートン病は足のアーチが崩れてしまっている。足のアーチは足底筋によって支えられている。足底筋は単純に足の指を曲げるだけではなく、歩いたり、走ったりする時の蹴りの動作でも使うし、踏ん張る動作でも使う。

小さい子供が立っている時に足元を見て欲しい。彼らは身体全体の割合からすると頭部が重い。そのため、足元を踏ん張ることで身体を安定させ、常に足の指を握っているのが観察できると思う。

力士が土俵際で堪えている時も一緒だ、地面に足の指を食い込ませるように握っている。

モートン病の改善で、自分で出来ることは足底筋をしっかり使い、鍛えること。足底筋を鍛える簡単なエクササイズは、こちらの記事を参考にして欲しい。

モートン病剥離因みに、当院ではモートン病に対し趾間神経腫処方転子を使用し、中足骨間での神経の癒着を剥離します。

その後、患部を補完する特殊なテープ処置を行い、ご自身ではエクササイズをして頂きます。