下腿部と足関節の解剖

筋肉について

下腿部の筋肉図 よこかわ整骨院最初に筋肉の説明を致します。

左図は足の前面です。
何層にも筋肉が走行しています。筋肉から細い腱になって足の指や甲に付着し、足首を持ち上げたり、指を伸ばす運動を行います。

右図は足の後面になります。
前面とは逆に足首を伸ばす時に使う筋肉で、筋肉からアキレス腱になり踵に付着します。

 

 

 

足底筋の図 よこかわ整骨院左図の足裏の筋肉は表面に近い方で、踵骨(踵の骨)から指に付着し、足趾を曲げる運動と足首を伸ばす動きの助けをしています。

右図を見ると横や斜めに走行している筋肉が見えます。これらは足の縦横のアーチ(土踏まず)を支え、板バネのようにショックを吸収します。

関節について

足関節の骨格図 よこかわ整骨院今度は骨と靱帯の説明です。
左図上は右足の外くるぶし側から見た図になります。たくさんの靱帯があるのが分かると思います。

左図下は内くるぶし側から見ています。こちらのスジの方が太いですね。

右の図は足首から膝までの骨で、細い骨が腓骨といい外くるぶしと関節し、太い骨が脛骨(向こう脛)で内くるぶしと関節しています。

脛骨が膝下の支柱になっているので、内くるぶしの靱帯の方がしっかりした構造になっています。

シンスプリント

シンスプリントの図 よこかわ整骨院シン・スプリントはアスリートの下腿に生じる骨膜炎、筋炎、腱炎やこれらの合併症をいいます。
前面に起こるものと後内側に発症するものがあります。

緑印に発症するのが前部シン・スプリントで、筋肉の痛み、こわばり感や足首の動きで痛み増すことが多い。ランナーに多く発症します。

赤丸部分に痛みが出るのが後内面シン・スプリントで、前部シン・スプリントよりも多い。足首と膝、股関節の連関の悪い使い方が原因で、ランナーに限らず様々なスポーツで生じます。

治療は第一に生理的局所冷却(アイシング)で患部の炎症を最小限に抑え、筋肉の筋緊張を取ること。

骨盤の調整をすることで足の振りやクセを治します。ただし、前部と後内面で発症メカニズムが違うので治療する場所が変わってきます。

さらに、特殊なテーピングで補完し、プレー中のクセや日常動作まで指導することにより、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

テニス脚(下腿筋の肉離れ)

テニスによる肉離れ よこかわ整骨院名前の通りテニスで中年以降の選手に好発します。

サーブやスマッシュの際に、ふくらはぎに急に痛みが生じたり、ボールが当たったのかと思うような感じがしたりします。筋組織の損傷がひどい場合には、局所に腫れ、内出血が現れます。(アキレス腱断裂の発生機転も同様です)

再発防止や予防には、画のようにサーブやスマッシュのように高い打点の際、出来るだけ前方で打つことです。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、損傷した筋組織を特殊な施術により修復調整し、テープによる補完をします。消炎鎮痛目的の微弱な刺激も効果的です。

さらにフォームや日常動作の指導を行うことで、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

アキレス腱炎

アキレス腱画像 よこかわ整骨院ランナーやサイクリスト、剣道、バスケット、バレー、テニスなどアスリート全般に発症します。

アキレス腱に引っ張りや、踵の捻れなど力学的ストレスがかかることで炎症を起こし、腫れと痛みが出てきます。
無理をして使っていると、腱のコラーゲン合成が少なくなり腱が弱くなってしまいます。

治療はコラーゲンを守るためにも生理的局所冷却(アイシング)が第一選択です。骨盤の調整・下腿の筋肉とアキレス腱の組織修復と調整が必要です。テープによる補完、フォームや日常動作の指導をすることで、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

かかとの痛みや足底筋膜炎・ハイアーチによる痛み

足底の痛みの図 よこかわ整骨院左図青丸に生じる痛みは、凹足(ハイ・アーチ)で、指の付け根に動きの支点を置く事の多いアスリートに生じやすい。皮下にある滑液包や組織が炎症を起こしたり、神経を刺激してシビレを生じたりします。

オレンジ丸では、足底筋の筋膜炎や挫傷(肉離れ)・外脛骨(内くるぶしの少し遠位の骨が飛び出てくる)・オーソティクス(中敷き)に強く接触したりして生じます。

赤丸に生じる痛みは、骨棘(足底筋付着部に棘ができる)が多いが、アーチが崩れることによっても生じます。

緑丸に生じる痛みで上部の場合は、シューズが擦れて生じる・ふくらはぎの筋疲労・アキレス腱炎の前段階などがあり、下部では、踵の脂肪層の挫傷や、アーチが崩れることにより、接地点が変わることで生じたりします。

足の甲に生じる痛みは、アーチの崩れによる関節炎・中足骨の疲労骨折・シューズの擦れ・打撲などがあります。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択です。足のアーチと足首のアライメント調整を重点に置き、骨盤の検査と場合によっては調整も必要になります。青丸での痛みやしびれ・オレンジ丸の骨棘では特別な治療器具を使った処置で早期治癒が見込めます。 各部にテープによる補完、競技別にフォームや日常動作の指導で、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

外反母趾

外反母趾の図 よこかわ整骨院外反母趾というと、ハイヒールを履く女性の疾患といったイメージがあると思いますが、アスリートにも多いのです。最近は子供にも多くなっています。

親指の間に挟む装具がありますが、ハッキリ言って治りません。
足趾が単純に曲がっただけではなく、足の縦アーチと横アーチの異常により、中足骨に捻れが発生しているのです。さらに下腿骨のアライメント異常までも引き起こしています。

また、親指の足底にある小さい骨(種子骨)がねじれて外側に回り込むため、指は曲がり出っ張って腫れてきます。

治療は痛みが強い時には炎症による変形を進行させないために、生理的局所冷却(アイシング)を第一選択にします。

正しく治すためには第1中足骨(親指)の整復調整が必要です。
長期間の不良歩行がありますので、足のアーチ・膝・股関節・骨盤の検査・調整とテープによる補完、フォームや日常動作の指導をすることで、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

足関節捻挫(前距腓靭帯、踵腓靭帯、二分靭帯などの損傷・断裂)

足関節靭帯損傷図 よこかわ整骨院スポーツ全般、日常で多い外傷です。

外踝の痛みは内がえし捻挫といい、左図の緑のマーキング部分の靱帯を損傷します。前距腓靭帯・踵腓靭帯・二分靭帯の損傷や断裂が多い捻挫です。

内踝に出る痛みは外がえし捻挫といい赤丸部分の靱帯を損傷します。三角靭帯の損傷が一般的です。

内反し、外がえし捻挫ともに靭帯の損傷が強いほど、腫れも内出血も多くなります。

青丸は載距突起といい(拡大したのが右図です。)踵の骨の一部で、上にあるのが距骨、そこに脛骨(すねの骨)が乗ります。

捻挫の後遺症で緑の矢印方向に関節が開き載距突起が赤い矢印の方向に落ちてしまうと、足関節周囲のアライメントが狂ってしまいます。後遺症のある方は扁平足になり、パフォーマンスが低下します。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、足関節のアライメント調整だけではなく、載距突起の落下を防ぐ調整をすることが必要です。テープによる補完、損傷がひどいとギプス固定になります。

早期治癒と今後の障害リスクを減少させるポイントは、早期の関節整復・調整です。

よこかわ整骨院 治療の流れ

ご予約
ご予約はお電話、メールあるいは、オンライン予約で対応しています。
お気軽にお問い合せください。
カウンセリング
カウンセリングでは現在の症状を把握するため、しっかりとお話を聞かせていただきます。
その後、超音波画像機器を始め様々な検査を行い、症状の原因を特定し治療期間・治療回数と料金をご提示致します。レントゲンが必要な場合には、提携クリニックにて撮影をお願いする場合がございます。(画像データをお持ちの方はご持参ください。)
急性期の痛みは症状改善に特化した治療
痛みが強い急性期の痛みは、健康保険や子ども医療費助成制度がご利用できます。
ぎっくり腰や寝違い・むち打ち症・スポーツによる肉離れや捻挫による靭帯断裂、日常生活での急に出た痛みに対応しています。
慢性期の痛みはからだの歪み改善に特化した治療
からだの歪みを修正するために、背骨や骨盤の矯正と筋肉に特別な施術をいたします。
すっきりしない漫然とした痛みやしびれ、筋肉のこり感や身体のだるさ・頭痛や手足のむくみなど、全身の慢性的な症状に対応しています。
メンテナンス期は健康維持と再発防止に特化した治療
健康維持と再発防止のために、特別な根本施術と各種エクササイズ指導をいたします。
背骨や骨盤のゆがみ・全身バランスの定期点検と、各種エクササイズの確認や再指導をしています。

お気軽にお問い合わせください。047-458-3272受付時間 9:00-20:00 [ 土・日 13時まで水曜祝日休診 ]

メールでのお問い合せはこちら お気軽にお問い合せください。