膝の解剖学

筋肉について

ひざのスポーツ障害 よこかわ整骨院左図は膝の前面です。

ご覧のように何層にも筋肉が走行していますが、ほとんどが膝を伸ばすときに使う筋肉で、下にある丸い骨がお皿です。

右図は膝の後面になります。
前面とは逆に膝を曲げるときに使う筋肉が何層にも走行しています。

関節について

膝の骨格画像 よこかわ整骨院今度は骨と靱帯、軟骨の説明です。

左図は膝を90度に曲げた右足を前から見た図になります。

左側のスジが外側側副靭帯、右側が内側側副靭帯で、真ん中に斜めにあるスジが前十字靭帯です。

右図は後面からの図で、膝は伸びた状態です。真ん中にあるスジが後十字靭帯で、上下の骨の間にあるモノが外側と内側の半月板でクッション材の役目をしています。

オスグット・シュラッター病

オスグット・シュラッター病 よこかわ整骨院小中学生のスポーツ選手に好発します。
症状は、膝のお皿の下に痛みが出る。曲げると更に痛み、押しても痛い。コブができる。

成長段階で骨がまだ出来上がっていないため、図のように膝蓋靱帯が引っ張られることにより付着部が剥がれるため、見た目にはコブが出来たように見えます。

治療は第一に生理的局所冷却(アイシング)で患部の炎症を最小限に抑え、前面の筋肉の筋緊張を取ること。ここまでは通常の治療です。

大事なのは骨盤の機能障害をきちんと治すこと「骨盤の調整」です。

前面の筋肉の図にある真ん中の大きな筋肉がお皿を経由して靱帯になり付着し、上は骨盤に付着しています。 このため骨盤の後ろへの傾きがあると、筋肉をいくら弛めても引っ張り力が消えないのです。

さらに、特殊なテーピングで補完し、プレー中のクセや日常動作まで指導することにより、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

ジャンパーズ・ニー

膝蓋靱帯炎 よこかわ整骨院バスケットボールやバレーボールなど、ジャンプが多いスポーツ選手に好発する。(と、いわれている)
症状はオスグット・シュラッター病と同様ですが、膝下のコブではなく図の赤丸に出てきます。
(オスグットの前段階で症状が出ることもある)

純粋なジャンパー膝であれば、オスグット・シュラッター病と同様な治療で治ります。

臨床上は様々なパターンがあり、競技の種目と、痛みの場所に固着し、定型的な治療を続けても改善しないことが多い疾患です。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、骨盤の機能障害の検査はもちろんですが、足のアーチ・足首・膝・股関節・骨盤のアライメントを絶妙に調整することが必要です。各部にテープによる補完、競技別にフォームや日常動作の指導で、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

オスグット・シュラッター病より複雑なため、長引き、痛みを誤魔化して競技を続けている選手が多いと感じます。

ランナーズ・ニーその1

膝蓋骨 よこかわ整骨院正式名称は膝蓋軟骨軟化症。ランナーの膝の前面に出る痛みで、お皿の前内側や前外側、あるいはお皿の裏面に出る症状である。

前内側の痛みは、お皿の中にある滑膜のヒダの伸長あるいは引っかかりが原因で発症することがある。
前外側の痛みは、お皿を抑えている膜(支帯といいます)神経の障害や、お皿の外側に無理な力が加わることで摩擦し生じたりする。

お皿の裏面の痛みは、お皿と大腿骨の間にある軟骨が傷害することで生じる。

治療は炎症患部の生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、骨盤の機能障害の検査はもちろんですが、足のアーチ・足首・膝・股関節のアライメントを絶妙に調整し、お皿の動きを正常化することが必要です。各部にテープによる補完、競技別にフォームや日常動作の指導で、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

ランナーズ・ニーその2

腸脛靭帯炎 ランナーズニー よこかわ整骨院腸脛靭帯炎が正式名称だがランナーズ・ニーとも呼ばれる。
長距離ランナーやサイクリスト、スキーヤーなどのアスリートに発症しやすい。

左図の緑で細長くマークしている場所が腸脛靭帯というスジです。膝の屈伸時に「ブレ」が出る(アライメント異常)と、大腿骨の外側にある神経や血管を含む組織を腸脛靭帯で圧迫することにより炎症を引き起こしています。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、骨盤の機能障害の検査はもちろんですが、足のアーチ・足首・膝・股関節・骨盤のアライメントを絶妙に調整し、膝のブレをなくすことが必要です。各部にテープによる補完、競技別にフォームや日常動作の指導で、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。

鵞足炎

鵞足炎 よこかわ整骨院サイドステップ時のカッティング動作が多いスポーツで生じることが多い。

左図の緑で細長くマークしている場所が縫工筋です。他に薄筋、半腱様筋とあわせて赤丸の場所(鵞足)に着きます。
膝の屈伸時に矢印の方向に捻りが出ると、鵞足にある滑液包(潤滑油の入った袋)が摩擦して痛みが生じると言われています。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、骨盤の機能障害の検査はもちろんですが、足のアーチ・足首・膝・股関節・骨盤のアライメントを絶妙に調整し膝の内側への捻りを制御することが必要です。

各部にテープによる補完、競技別にフォームや日常動作の指導で、早期治癒と今後の障害リスクを減少させます。
無理をしていると、内側半月板の障害、膝蓋軟骨軟化症を引き起こす可能性があります。

半月板損傷

スポーツ障害 よこかわ整骨院膝関節のクッション材的な役目をしている軟骨で、若いスポーツ選手は左図の下のようなバケツ柄断裂、年配のスポーツ選手では上のflap状断裂を生じることが多い。

バケツ柄断裂では、ロッキングを起こす事が多く、膝が伸びなくなります。

flap状断裂では、膝の屈伸時にパキッといった関節音がすることが多い。(関節音がするからすべて半月板損傷というわけではありません)

負傷時の状況や腫脹の程度、徒手テスト、画像検査で診断します。

自身が25歳の時にスキーで膝を負傷し、現在も左膝の内側半月板がバケツ柄損傷になっています。膝の使い方や、負担をかけた後にフォローをしていれば日常生活は問題ありません。

治療は生理的局所冷却(アイシング)が第一選択で、膝関節と半月板の整復(アライメントを治す)、一定期間患部の安静が必要で、膝の捻りを制御する動きを習慣化させることが必要です。

保存療法により日常生活で支障のない状態になりますが、内視鏡による外科手術を薦める場合もあります。

膝の靭帯損傷

靭帯損傷 よこかわ整骨院膝関節には内外側の側副靭帯・前後の十字靭帯があります。

膝の靭帯損傷はそれぞれの靱帯に、過度の外力が加わり損傷します。微少断裂から完全断裂まであり、受傷時の状況、腫脹の程度、徒手テスト、超音波画像診断装置で診断できます。

前十字靭帯では受傷後すぐには筋緊張が強く、徒手テストで発見出来ない場合があり見落とされることが多い。

左図は最悪パターンの内側側副靭帯、前十字靭帯、半月板損傷の複合損傷で、強力な外力により膝から下が外に捻られた時に損傷します。

通常、前十字靱帯完全断裂や複合損傷の場合は手術を薦めますが、アスリートでなければ保存治療も可能です。

受傷時は生理的局所冷却(アイシング)を第一選択にして、膝関節の整復(アライメントを治す)、一定期間患部の安静による保存療法で問題ないと思います。どちらも経過観察し、「危ない」膝かどうか判断してからの手術でも問題ありません。

よこかわ整骨院 治療の流れ

ご予約
ご予約はお電話、メールあるいは、オンライン予約で対応しています。
お気軽にお問い合せください。
カウンセリング
カウンセリングでは現在の症状を把握するため、しっかりとお話を聞かせていただきます。
その後、超音波画像機器を始め様々な検査を行い、症状の原因を特定し治療期間・治療回数と料金をご提示致します。レントゲンが必要な場合には、提携クリニックにて撮影をお願いする場合がございます。(画像データをお持ちの方はご持参ください。)
急性期の痛みは症状改善に特化した治療
痛みが強い急性期の痛みは、健康保険や子ども医療費助成制度がご利用できます。
ぎっくり腰や寝違い・むち打ち症・スポーツによる肉離れや捻挫による靭帯断裂、日常生活での急に出た痛みに対応しています。
慢性期の痛みはからだの歪み改善に特化した治療
からだの歪みを修正するために、背骨や骨盤の矯正と筋肉に特別な施術をいたします。
すっきりしない漫然とした痛みやしびれ、筋肉のこり感や身体のだるさ・頭痛や手足のむくみなど、全身の慢性的な症状に対応しています。
メンテナンス期は健康維持と再発防止に特化した治療
健康維持と再発防止のために、特別な根本施術と各種エクササイズ指導をいたします。
背骨や骨盤のゆがみ・全身バランスの定期点検と、各種エクササイズの確認や再指導をしています。

お気軽にお問い合わせください。047-458-3272受付時間 9:00-20:00 [ 土・日 13時まで水曜祝日休診 ]

メールでのお問い合せはこちらお気軽にお問い合せください。