尾てい骨は感情とバランス能力のカギ|脊髄終糸症候群|からだの歪み研究所

officesyndromepelvis

尾てい骨は骨盤を形作っている骨のひとつで、
仙骨という骨の先端にあり、犬や猫のような四足動物では「しっぽ」にあたります。

犬は喜んでいる時にしっぽをブンブン振ったり、
恐怖感や不安からしっぽを両足の間に巻き込んだりして感情を表します。

元気いっぱいで楽しそうな人ってノビノビとしています。
逆に恐怖や不安、悲しみを感じている人は、
背中を丸くし、うなだれて座り込んでいます。

また、チーターは獲物を追いかけ、
時速110Km以上で右に左に草原を疾走しますが、
曲がる方向に反してしっぽを回し、バランスを取ります。

なんでもないところで躓いたり、段差もないのに足首やヒザがガクッとしたり、
点字ブロックの上でふらついたり、電車を待っているとフラフラしたり、
バランス能力が低下している時は、尾てい骨が動いていません。

ヒトのしっぽ(尾てい骨)は犬や猫と同じように、
感情やからだのバランス機能と密接に関係しています。

デスクワークや受験で座りっぱなし、車の運転、
ソファーや何かに寄りかかり、座ってばかりいると、
尾てい骨は圧迫され機能が低下します。

今の生活環境って、尾てい骨に悪いことばかりですね。

なぜ尾てい骨を圧迫すると、
感情やバランス能力に影響するのか。

脳と脊髄は繋がっています。
腰で脊髄終糸という文字通りに糸のように、
尾てい骨の先端に止まります。

尾てい骨が圧迫されると、脊髄終糸を引っ張る形になり、
脊髄と脳を引き下げます。

膨らました風船を手のひらに乗せ、
指の間から風船についた糸を引き下げるイメージです。

圧迫された尾てい骨の動きは悪くなり、
バランス能力に影響します。

脊髄や脳は、脊髄終糸が引き下げられることにより、
内圧が上昇し、脳脊髄液の循環も悪くなります。

尾てい骨が原因の症状として、
お尻の痛み、股関節痛、腰痛、呼吸障害、
背中の痛み、首の痛み、頭痛、眼の痛み。

思考力や想像力、発想力の低下、眠くなりやすい、
感情的にはネガティブな考えが多くなる。

尾てい骨の圧迫を解消して、
からだもココロも元気にしてくれるのは、、、、

ウォーキングです。

骨盤の動き、特に尾てい骨の動きを改善するプログラム
コクシクス・ウォーキング教室を毎月開催しています。

内容 :コクシクス・ウォーキング
開催日:毎月第3日曜日(雨天の場合は尾てい骨のエクササイズ教室を予定しています)
場所 :よこかわ整骨院
時間 :15:00〜16:30
定員 :10名
費用 :500円
他  :当院に通院したことのない方の参加もOKです。
ご家族やお友達を誘ってはいかがですか?
動きやすい服装と運動靴でご参加ください。
申し込みは、お電話かメールで承ります。

*今までのウォーキング教室の様子はコチラ*

からだの歪み研究所★よこかわ整骨院|お問い合せ